373系ホームライナー浜松3号に乗って静岡県内を移動する。

ホームライナー浜松3号乗車記

事の発端は新幹線以外で熱海よりも西へ、快適に移動できないか?

と、言うそんな疑問からでした。

熱海より西は313系や211系が普通列車として活躍していますが、如何せんロングシートなのでなかなか落ち着かないのですね。

なので、時間がむちゃくちゃある時一度だけ熱海まで在来線できましたが、すごく時間が掛かった思い出しか無い為、それ以降は
新幹線で移動しています。

ちなみに熱海からはスーパービュー踊り子に乗って移動するのがパターン化しています。

で。今回乗車したホームライナー浜松は沼津駅を18:31分に出る列車で、浜松駅には20:10分に着きます。

そして、浜松駅に到着すると、そのまま豊橋駅まで普通列車として運用されるので、そのまま乗って豊橋
に行く事ができると言う大変貴重な列車なのです。

ただ、日に一本しか走ってないので、18時半に沼津駅に行かなければ乗れない列車なので、行動をかなり
制限されてしまいます。

もし、ホームライナー浜松に乗れず、軽く急ぐ場合は沼津駅から一駅先に三島駅があるので、三島駅から
新幹線で移動するのも手です。

整理券を買ったついでに、入場券も買う^^

ホームライナー浜松の幕が良い感じ。

同じ幕と言えば、前面幕も良い感じ、ちょっと欲しい。。。昼間と夜をイメージしているのでしょうか?

連結器回りも綺麗にまとまっていて、さらにあまり汚れていないピカピカの状態も良いですね。

クハ372‐2

車内形式板も。

で、この椅子が乗り得列車と言われる由縁で、ひじ掛けにはテーブルが仕込まれていて、フカフカの座席なので疲れにくいのも良いですね。

よくよく考えてみると『ムーンライトながら』で使われていたりするので、格上の座席設定なのでしょうか?

前の座席の後ろにテーブルは無いので、その点は注意、ひじ掛けから出すテーブルより前の座席テーブルの方が使い勝手が良かったりします。

こんな素晴らしい列車が普通列車運用されるので、利用される方は本当にお得だと思います。

形式表示や銘板も見る(●_●)

東海旅客鉄道と日本車輌の平成7年の銘板が。
余談ですが、最近では盗難防止の為に特殊なネジで銘板を留めてあるそうです。

鉄道部品の盗難ダメ絶対!!

浜松駅で普通列車仕様となって。

豊橋駅に向かう。

豊橋駅でお疲れ様!!四つライトの車両は明かりのお蔭で夜間の視野が明るくなりますし、見た目も迫力があって大変カッコいいですね^^

プロフィール

石川 泰蔵
石川 泰蔵
「石川泰蔵2035年までに本気で電鉄オーナーになる」管理人の石川 泰蔵(いしかわ たいぞう)と申します。[プロフィール
私には3つの夢があります。
一つ目は鉄道模型、鉄道部品、鉄道資料の買取販売で世界一最強の会社を創ること。
二つ目は鉄道の楽しいに挑戦し鉄道の愉しいに挑戦すること。
三つ目は鉄道事業者の許可を受け実際の鉄道会社になる事です。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です