台湾へ鉄道の旅に行ってきました。

先日台湾へ鉄道の旅に行ってきました。

鉄道の旅と言っても特急列車好きな僕としてはプユマ号にどうしても乗りたいと思い、結構その目的だけで行ってきました。

台北駅で切符を購入。駅員さんの力で日本語を理解してもらい切符を買うのもとてもスムーズでした。

ただ、プユマ号は人気列車みたいで、事前に席を確保しないと乗りにくいみたいです。乗る場合は早めに切符を抑えた方が良いです。

いよいよ念願のプユマ号に乗車!(※これは高雄駅で撮影したものです)

シートもプユマ号をイメージか赤色で素敵です。

何を思ったか動く電車の中でプユマ号を描いてみました。

。。。。。。。味のあるプユマ号が描けました。

小学生の頃からテストの裏に電車の絵ばかりを描いてましたが、動く電車の中で、書き慣れない車両はやはり難しかった訳ですが、そんなの言い訳なので描き込んでプロの鉄道絵師を目指したいですね。

そして、念願のプユマ号にも乗車でき、台湾の鉄道事情を勉強します。

旧台北鉄道工場です。

ここの施設は鉄道車両というより、建物の軌跡などが展示、掲載がありました。

このブログタイトル通り鉄道事業者を目指す者として車両だけでなく、こう言った施設も鉄道事業には必須なので歴史から学びます。

夜は夜で、台湾名物の夜市で食事

独特の夜の熱気がとても魅力的でした。

海外での鉄道事業者と言うのも視野に入れているので、定期的に海外へ出向き研究を重ねたいと思います。

プロフィール

石川 泰蔵
石川 泰蔵
「石川泰蔵2035年までに本気で電鉄オーナーになる」管理人の石川 泰蔵(いしかわ たいぞう)と申します。[プロフィール
私には3つの夢があります。
一つ目は鉄道模型、鉄道部品、鉄道資料の買取販売で世界一最強の会社を創ること。
二つ目は鉄道の楽しいに挑戦し鉄道の愉しいに挑戦すること。
三つ目は鉄道事業者の許可を受け実際の鉄道会社になる事です。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です