東海道線(名古屋~東京)好きな新幹線からの風景

新幹線の車窓から好きな風景(名古屋〜東京間)

何気なくハイスピードで西へ東へひた走る新幹線の車窓ですが、じっくり見ているとなかなか味のある風景に出会う事ができます。

そんな東海道線の僕のおすすめ風景を少しご紹介させて頂きます。

まず、普段乗る海側3列シートとは逆の山側からです。

山側でしたら、絶対に外せないのが富士山ですね。

席の予約の際に駅員さんからも聞いた情報ですが、やはり山側から指定席は埋まっていくそうで、恐らく富士山を眺める為ではないでしょうか?

外国人の方にも日本人にも愛される富士山が見える席は人気が高いです。

ただ雨や曇っている時は残念ですが、晴れた日は山側の富士山を眺めるのも御利益がありそうでオススメです。

続いて山側のオススメは西浜松駅です。

↑の画像は以前、在来線から撮影したモノですが、新幹線からもこの車両を見る事ができました。

これはリニア・鉄道博物館で展示してあったクロ381系ですね。

西浜松駅はこう言った、車両が一時留置されたり、そもそも貨物列車のターミナル駅なので在来線が止まる訳でも無く、新幹線が止まる訳でもありませんが甲種列車が待避していたり電気機関車が留置されていたりと興味深い景色が広がります。

続いて海側は豊橋駅を通過しての浜名湖です。

力強い水の流れと浜名湖の美しい景色が好きです。

そして海側の1番のオススメは熱海です。

※画像はうまく熱海の良さが伝えきれずでごめんなさい泣

山の裾野に沿って建てられた温泉やマンションなどの建物や相模湾の景色が旅情を感じさせてくれます。

このブログでも書きましたが、新幹線で熱海まで行って熱海で少し駅まわりを観光しスーパービュー踊り子で東京を目指したりと。

今回の愛知県から東京までの移動はこれ!

そんな熱海エリアが好きです。

僕の夢は熱海で。ゆっくり温泉に浸かりながら何日も旅館でまったりする事が夢ですが、これは僕が仕事の第一線を退いた時の楽しみに取っておきたいと思います。

【番外編】

名古屋から豊橋間は僕の地元エリアでもあります。

いつも車から新幹線の通過を目で追うのですが、追っている新幹線に乗っていると言う状況が好きです。

堀内公園の観覧車や矢作川堤防など、僕が新幹線を眺めていた地を新幹線から眺める。。。

こんな時間も新幹線の魅力です。

新幹線は移動手段でもありますが、非日常的空間をつくってくれる素敵な乗り物です。

プロフィール

石川 泰蔵
石川 泰蔵
「石川泰蔵2035年までに本気で電鉄オーナーになる」管理人の石川 泰蔵(いしかわ たいぞう)と申します。[プロフィール
私には3つの夢があります。
一つ目は鉄道模型、鉄道部品、鉄道資料の買取販売で世界一最強の会社を創ること。
二つ目は鉄道の楽しいに挑戦し鉄道の愉しいに挑戦すること。
三つ目は鉄道事業者の許可を受け実際の鉄道会社になる事です。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です