上野から青森まで客車と一体になる。

取れた席はB寝台ソロ

非常に狭いのですが、居心地がとても良く客車なので動力を感じる事なく引っ張ってもらっている感じを受けながら出発しました。

今日はホームにいる人を見送る!ちゃんと手を振ってます。

長距離移動なので、景色も変われば天候も変わる訳で一面が雪化粧に変わっていく景色に感動でした。

B寝台ソロと言う部屋は、とても狭い部屋で基本的には寒かったのですが、布団の中に入ると温かくてずっとこのまま乗っていたいと思ってました。

確かこの日は、基本寝ずに青森まで行ったようが気がします。

いや、寝てないつもりでも数時間は寝てたかも。

起きている時間は部屋の中を見渡したり、他の車両までうろうろ散策をしたりして楽しんでいました。

紙コップの飲料水や寝間着やら、新しい発見の連続でした。

引退目前なので写真を撮られまくるのですが、東北方面に行くにつれてカメラを構えている人たちの服装が完全に寒さ対策の重装備で東北地方に来たんだなぁと感じる時間でもありました。

プロフィール

石川 泰蔵
石川 泰蔵
「石川泰蔵2035年までに本気で電鉄オーナーになる」管理人の石川 泰蔵(いしかわ たいぞう)と申します。[プロフィール
私には3つの夢があります。
一つ目は鉄道模型、鉄道部品、鉄道資料の買取販売で世界一最強の会社を創ること。
二つ目は鉄道の楽しいに挑戦し鉄道の愉しいに挑戦すること。
三つ目は鉄道事業者の許可を受け実際の鉄道会社になる事です。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です