2017年12月31日はダージリン・ヒマラヤ鉄道に乗っていました。

明けましておめでとうございます。

ちょうど一年前の出来事ですが、今更ブログ化したいと思います。

2017年12月31日はインドへ旅行に行っており、一年の最後の日にダージリンヒマラヤ鉄道に乗っていました。

事の発端は幼馴染の友達から『インドへ行こう!』と提案があった事から始まりました。インドと言えばガンジス川くらいしか知りませんでしたが、移動好き、旅好きなので。ほいほいと『良いよ!』と同行してしまいます。

インドの旅ブログを書こうとすると、とても長くなってしまうので、今回は割愛させて頂きます。

インド横断の鉄道の旅もこの時、体験したので、どこか機会があれば書こうと思います。

↑ダージリン駅からの眺め

↑こちらは給水中の画像。

↑ダージリンの街並み。国境近くだからかニューデリーとは違った雰囲気でした。

こちらは、機関車の車庫のようなエリア、職員さんの邪魔にならなければ近くに寄って撮影しても良い雰囲気がありました。。ここで油を指したり、石炭をくべたりとメンテナンスをする位置づけでしょうか。

ディーゼルカーもいます。

運転席の様子。日本の運転席とは少し違った形です。

↑たたたTVから引っ張ってきた動画(たたたTVは個人的なYouTubeチャンネルなので良ければ登録をお願い致します。)

↑走行シーン
結構、街中をギリギリで走っている事がわかります。

海外の鉄道あるあるかもしれませんが、走行中にドアが全開になっていても誰も締めようとしませんし、ドア付近に立っていても咎められる事は一切ありません。

日本だったら考えられませんね。

走行中にドアが開いていたらきっとヤフーニュースのトップに表示される事でしょう。

日本の非常識が世界では常識であったりするギャップがたまらなく好きです。

鉄道事業者になる夢を掲げている以上は全世界の鉄道を制覇したいと思います。

プロフィール

石川 泰蔵
石川 泰蔵
「石川泰蔵2035年までに本気で電鉄オーナーになる」管理人の石川 泰蔵(いしかわ たいぞう)と申します。[プロフィール
私には3つの夢があります。
一つ目は鉄道模型、鉄道部品、鉄道資料の買取販売で世界一最強の会社を創ること。
二つ目は鉄道の楽しいに挑戦し鉄道の愉しいに挑戦すること。
三つ目は鉄道事業者の許可を受け実際の鉄道会社になる事です。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です