早朝のびわこエクスプレスから特急やくもの旅

いよいよ、早朝のびわこエクスプレスから特急やくもの旅です。

6時3分米原発ですが、宿が取れなかった関係で僕は彦根から乗車!

もし彦根からびわこエクスプレス1号に乗る人で朝はコンビニで済まそうと言う人に悲しい報告です。

彦根駅の近くにコンビニが無く(少し歩けばあるみたいですが、駅構内のコンビニも7時だったか7時半から営業)ご飯を食べる事ができなかったので、事前に対策をとっておくことを強くお勧めします。

ご飯を買いそびれるトラブルもありましたが、無事乗車をし、一路京都へ向かう。

びわこエクスプレス自体さほど混む事も無く快適に移動する事ができました、また京都駅におけるスーパーはくと1号の番線もよくわかっていませんでしたが、車掌さんが丁寧に教えてくださって解決!

いよいよ、スーパーはくとへの希望が膨らみます。

サクサク進めますが、約1時間の旅も楽しみ京都駅でスーパーはくと、とご対面!

初対面ではありませんが、今から乗るんだ!と思って出会うのと、見送る側で出会うのでは興奮が違います。

今回は初乗車なのでグリーン車に乗りましたが、京都から下る場合は前面展望車両は1号車となり、この席は自由席なので、争奪戦となります。逆に上りは5号車の指定になるので、上りの方が席の確保はしやすいかもしれません。

今回、幻となった前面展望。。。。

でも、雨だったから視界良く無い。また乗る機会ができたから良い。。。

なんて、気持ちを前向きに保って次回前面展望に挑戦したいと思います。

ちなみにモニターからは5号車の前面展望が。。グリーン車以外の車についてました。

グリーン車にも付けてほしかったなぁ

そんなこんなで、上郡駅到着!

乗せてきてくれたスーパーはくとを見送って

遅めのご飯を食べるぞ!なんて意気込んでましたが、近くにはスーパーしかなく。少し歩けば
コンビニもありましたが、スーパーでご飯を調達!

エーコープ!僕の地元にもありましたが、数年前に潰れてしまいました。幼少期はお買い物と言えば大体エーコープだったので、エーコープの歌は未だに脳内再生されます。

遅めのご飯はタコヤキ。冷めてるのですが、たまに食べたくなるんですね。

岡山まであと少し!

岡山までの移動は115系の黄色で進みます。

すごいゴチャゴチャしている運転席がたまりません

ここでも特等席をゲットし前面展望を楽しみながら約1時間ほどの移動を楽しみ岡山入り。

岡山駅では、マリンライナーやらアンパンマン列車に出会う。

マリンライナー223系5000系

南風2000系

で、いよいよパノラマグリーン車に出会う!

やくも!

やくも!!

昔、僕が小学生の頃、梅小路蒸気機関車館でこのやくものブロマイドを買った記憶が
あります。

すごいカッコよくて買ったなぁ。。。スーパーくろしおカラーだった様な気もしますが。

改めて、いよいよ出雲市へ向かいます!

出雲市に何か用事があるわけでも無いのにワクワクします。

なんといっても今回は前面展望ですから。

ただ、一つ残念なお知らせが。。。

予約の段階ですでにシングルシートが埋まってしまっていて、泣く泣く二人掛けの通路側を予約しました。

多分、出雲の神様に、またパノラマグリーンを挑戦しなさいとお告げがあったと思われます。

展望を楽しみ

食事を楽しみ、、朝が早かったので、少し寝ようと思って気が付いたら出雲市でした。

しかし、幸か不幸か、岡山~出雲市まで気持ち良すぎて寝てしまったので、車内での
記憶はあまりありません。。。

気持ち良くて寝てしまうまでは、まったく問題無いのですが、終着駅まで寝てしまう
のは、あまり良くないですね。。。

しかし、また来る事を特急やくも号と約束をして、撮影タイム。

特急シンボルマークが付いている側もしっかりと目に焼き付け、写真に収め。

特急シンボルマーク自体もクローズアップし。

鉄道博物館へ行けばいくらでも、近くで見る事はできますが、やはり現役で活躍している車両の特急シンボルマーク
のオーラは特別なモノがあります。

長くてあと8年くらいかな?この特急シンボルマークが現役で見られるのは。

それまで、ずっと観察し続けたいと思います。

パノラマグリーン側もジロジロ

昔、お仕事先で『電車を食べるならどこから食べますか?』と聞かれた事がありますが、
ちょっとその気持ちがわかりますねぇ。。
※当時うまく対応できなかった事が残念

サイドも見て。

銘板も拝見し、日本国有鉄道と川崎重工昭和57年を確認

日本車輌昭和57年もいました。

所属も確認して。

最後は並んでツーショット。

の、つもりがまたまた観察隊に。

特急シンボルマークが好きすぎて辛い!

と。こんな感じで、彦根から岡山の旅は怒涛のように過ぎていきました。

次はスーパーおき1号の出雲市から新山口までの旅です。

おまけのどうでもいい話。

出雲市に付いたのち、出雲大社へ行こうと思っていたのですが、
寝たり無くて予約したスーパーホテルに入って寝てしまいました。

夜も起きましたが、特に移動できる時間でも無く、そのまま就寝
と鉄道に乗って寝てばっかの一日でした。

ある意味とても幸せな一日でした。

プロフィール

石川 泰蔵
石川 泰蔵
「石川泰蔵2035年までに本気で電鉄オーナーになる」管理人の石川 泰蔵(いしかわ たいぞう)と申します。[プロフィール
私には3つの夢があります。
一つ目は鉄道模型、鉄道部品、鉄道資料の買取販売で世界一最強の会社を創ること。
二つ目は鉄道の楽しいに挑戦し鉄道の愉しいに挑戦すること。
三つ目は鉄道事業者の許可を受け実際の鉄道会社になる事です。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です